MELDIA GROUP

ENTRY

託されるのは、土地だけじゃない。

新卒入社/施工管理

住宅工事1課

嵯峨育也

2014年入社

デザイン系専門学校時代は、ほぼ設計の授業という環境で勉強。課題に追われるなかで、ひたすら設計図面を描く2年間を過ごした。入社後は1.5ヵ月の研修を受け、施工品質課での業務を経て、現在の住宅工事1課で施工管理のキャリアをスタートさせた。入社3年目に設計職に移る機会があったものの、施工管理の仕事を続ける道を自ら選択した。

嵯峨育也イメージ

誰よりも早く、
成長したかった。

関東圏で就職したい。専門学校のころから地元秋田を離れて、東京で働くことを夢見ていました。人が多いということは、仕事が多いということ。地元企業では年間4棟を手掛けるのが限界と聞いていましたが、私は「もっともっと多くの経験をして誰よりも早く成長したい」と考えていたんです。三栄建築設計との出会いは、専門学校に貼ってあった求人票。職場が東京で、手掛ける住宅も多い。そのときから「これだ!」と思っていたのですが、説明会ではさらに驚かされることになりました。全面に白のモルタルを使用した事例が紹介されているのを見て、「こんな分譲住宅は見たことがない」と度肝を抜かれましたし、三栄建築設計の家づくりに対するこだわりには強く共感するものがありました。結果的に、私が受けた会社は三栄建築設計だけ。一度は現場を知りたいという想いで飛び込んだ施工管理というフィールドで、家づくりの面白さと奥深さに没頭する日々を過ごしています。

嵯峨育也イメージ

ひとつひとつの家に、
語れるものを。

現在、私は注文住宅と請負注文の施工管理を担当しています。担当するのは、年間30棟ほど。多くの職人さんたちのマネジメントをしながら、ひとつひとつの家をかたちにしていくのが私の仕事です。監督次第で家のクオリティは天と地ほどの差がでますし、たとえ図面や土地が同じでも完成住宅を見て受ける印象は違うものになる。そういう意味では、甘えも誇りもすべて形になってしまうというのが、施工管理ならではの難しさであり面白さなのかもしれません。次々と新しい家づくりをする中で、すべてにこだわるのは決して簡単なことではありませんが、それでも私はひとつひとつの家に語れるものを必ず残していきたい。建材であれ、仕上がりであれ、徹底的にこだわり抜けば必ず物語が生まれます。これは自分がやった仕事だと胸を張れるような仕事をしていきたいと考えています。お客様にとっては、一生暮らすことになる家。手は抜くわけにはいきません。

嵯峨育也イメージ

いい家をつくろう。
それが合言葉。

土地の仕入れ段階からプロジェクトに関わることができる。それは施工管理の立場から見ても、三栄建築設計の大きな強みになっていると思います。ものづくりの専門家としての経験から「この図面だとお客様が不便だと思う」と提案することができますし、営業や設計にモノを見てもらいながら「こっちの建材を使った方がいい。最終的な美しさが違う」とクオリティを一段階押し上げることもできます。もちろん自分からアイデアを積極的に発信する必要はありますが、三栄建築設計の社員は全力でその想いを受けとめてくれます。ああでもないこうでもないと、一緒に悩んでくれる仲間がいることが私は嬉しい。神は細部に宿るといいます。これからも全員でディティールにこだわる中で、お客様も同業者も「おぉっ」とため息をもらすような家づくりをしていきたい。そして将来、施工と設計どちらもできるプロフェッショナルになりたいと考えています。

嵯峨育也イメージ
嵯峨育也イメージ

人を知る

pagetop

新卒採用の方

下記、いずれかよりご応募ください。

中途採用の方

下記より募集要項を確認の上、ご希望の職種にご応募ください。

現在募集中の職種一覧