MELDIA GROUP

ENTRY

同じ家は、つくらない。その姿勢を世界でも貫き通す。

MELDIA GROUP,株式会社三栄建築設計
株式会社三建アーキテクト,シード平和株式会社

代表取締役社長

小池信三

誰にも真似できない
ビジネスモデル。

日本の家には個性がない。同じ型の量産ばかりでつまらない。さらに都市部近郊にマイホームを買うには土地が高すぎる。その状況を変えていきたいという想いで三栄建築設計を創業し、歩みを続けてきました。「同じ家は、つくらない。」そのポリシーのもと、デザインと住み心地にこだわり続け、現在でも創業時から続く家づくりに対する姿勢は少しも変わっていません。効率的な家づくりには見向きもせず、非効率と言われても、一棟一棟、職種の壁を越えたプロジェクトチームで「どんな家にするか」を真剣に議論する風土を守り続けてきました。他社が真似をしようとしても一朝一夕では追いつけない、唯一無二の体制を築いています。住宅を規格化せず、その土地その土地にふさわしい家づくりに専念する。グループとしてここまで成長してこれたのは、そんな真面目な家づくりへの評価だと受け止めています。

社長イメージ

人が喜ぶことに
一生懸命になれるかどうか。

「同じ家は、つくらない。」過去の成功事例であっても単なる再現は許されません。だから、生みの苦しみはプロジェクトごとに訪れます。一つのプロジェクトが終わったら、「また新しい家づくりができる!」と毎回その状況を楽しめるマインドを持っていることは、一緒に働く上で重要な素養かもしれません。量産型のビジネスモデルであれば働く人にビジョンは求められませんが、私たちのようなスタンスで仕事をする限り、社員一人ひとりがビジョンを持つことが重要になります。全員にまず持っていて欲しいのは、お客様に喜んでいただきたいという気持ちです。そして、そこに住む方の暮らしを想像して、どんな住まいをつくりたいかを一生懸命考える姿勢です。その結果出てくる「こだわり」が、私たちがつくる家の個性になるのです。

社長イメージ

日本でも、海外でも
高まり続けるニーズ。

この先、高齢化が進むと、祖父母が所有している広い土地を売却した上で、孫たちが相続するようなケースが増えてきます。また働き盛りの若い世代が都市部に集まってくることを考えると、東京、名古屋、大阪でのマイホームのニーズが落ちることはないでしょう。売却された土地に建売住宅を建築し、夢のマイホームを一人でも多くの方に手の届く価格帯で提供する私たちの事業は、これからも大切な役割を担っていきます。一方で、私たちはアジア、アメリカにも進出し海外事業を展開しております。ベトナムではホテルと分譲マンション。アメリカでは戸建住宅と分譲マンションのプロジェクトを手掛けています。日本でのオンリーワンの家づくりで培ってきた人や組織や技術といった資産を強みに、住まいの総合企業として今後は世界にも舞台を広げ、発展して参ります。

社長イメージ

トップメッセージ

pagetop

新卒採用の方

下記、いずれかの就職サイトよりご応募ください。

中途採用の方

下記より募集要項を確認の上、ご希望の職種にご応募ください。

現在募集中の職種一覧