MELDIA GROUP

ENTRY

家づくりは、最後は人。技術と感性を備えた人を育てます。

株式会社三栄建築設計

取締役執行役員 生産本部長

千葉理恵

家に「こうしないといけない」
は、ない。

私たちが家を設計する時、いつも心がけていること。それは「家はこうでなくてはいけない」という思い込みを捨て去ることです。難しい形の土地に家を建てたり、北向きにしかリビングがつくれないようなケースでも、思い込みを捨てて自由に発想すれば、快適な空間は必ずつくることができるからです。そして実際、私たち三栄建築設計には、北向きだろうと、周りが建物に囲まれていようと、光を採り込んだ広いリビングや、無駄のない動線設計を次々と開発してきました。そしてその挑戦は「同じ家は、つくらない。」のポリシーのもと、今もなお続いています。三栄建築設計が生み出した数多くの手法は、今では他社でも取り入れられ、業界のスタンダートになっているほどです。

千葉理恵イメージ

創立の時から
変わらない設計への想い。

私が建築の世界で最初に経験したのは店舗の設計でした。その会社は非常に激務で、本当に自分がつくりたいと思える設計ができず、住宅の設計でそれを実現しようとした時に出会ったのが、現社長の小池でした。その時、毎日のように「理想の家づくり」について小池が熱弁をふるっていて、その考え方に強く共感したのが入社のきっかけでした。入社といっても社長を含めてたったの3人。半年後につぶれるかもしれないというギリギリの船出でしたが、「自分が絶対に住みたい家をつくる」というスタンスで、毎晩議論し、設計図を描き続けていましたね。全員で意見を出し合って家をつくる私たちのやり方は、その当時から脈々と受け継がれているものです。

千葉理恵イメージ

志に共感する人を育て、
増やしていきたい。

分譲予定地の周辺の家々を「額縁」と考えた時に、どんな「絵(=家)」を飾れば一番映えるのか。その視点が、私が考える家づくりにおける公共の芸術性です。周辺になじみすぎても面白くない、かといって浮いて見えてもダメ。最終的に理屈を超えた感動を生み出せるかどうかが、設計やデザインの責任だと思います。今、私たちに大切なのは、私たちの価値観に共感できる人を見つけ、同じ志を持った仲間を育て、増やすことです。そのために、私たちの家づくりの美学をつめこんだ“実践的に設計を学ぶ学校”を開校することにしました。未経験者も歓迎。私たちと家づくりに挑みたい人には門戸を開き、実務を中心に美意識も育てることを目指します。家づくりは、最後は人です。ぜひ、一緒にいい家をつくりましょう。

千葉理恵イメージ

トップメッセージ

pagetop

新卒採用の方

下記、いずれかの就職サイトよりご応募ください。

中途採用の方

下記より募集要項を確認の上、ご希望の職種にご応募ください。

現在募集中の職種一覧