MELDIA GROUP

ENTRY

家づくりを一緒に楽しめる人なら、未経験、ブランクは心配ない。

中途採用/施工管理

インベスト工事課

斎藤峻

2014年入社

大学で建築を専攻し、卒業後は構造材の営業職として2年勤務。その後システムエンジニアとしてオフィスの交換機システムに携わる。30歳を前に改めて建築への思いが強くなり転職を決意した。三栄建築設計に決めたのは、若い人が多くまだまだ企業として成長の途中だと感じたことに加え、全員で家づくりをすることを大切にしているところがとても魅力的だったから。

斎藤峻イメージ

現場の士気を
高めることが一番の仕事。

施工管理は現場の責任者です。様々な専門性を持った10~15社ほどのパートナー会社や職人さんの総監督として約3ヵ月で家づくりを行います。 設計図面の確認に始まり、各業者の職人さんとコミュニケーションを取り、綿密に打ち合わせを進めて行くことが日々の大切な業務になります。設計図があれば後は誰がつくっても同じ家ができると思うかもしれませんがそれは大間違い。現場は生き物です。「ここはこうした方がいいんじゃないか」と長年の経験から意見を言ってくれる職人さんもいて、その場でさらに家が磨き上げられるのもとても面白いと感じています。大切なのは現場の士気を高め、職人さんたちの能力を最大限まで引き出すこと。みんなが気持ちよく仕事を進められるように現場をプロデュースするつもりでいつも仕事をしています。

斎藤峻イメージ

施工管理でもお客様と
家づくりができる。

三栄建築設計のすごさは、完成する前に半数以上の家が売れること。だから施工管理であってもお客様と打ち合わせをしたり、図面ではわからない部分のイメージが湧くようにご説明する機会があります。いい家をつくるだけなく、お客様と一緒につくることができますので、「イメージした以上にいい家をつくってくれてありがとう」とお言葉をいただいた時は本当にうれしいものです。いま私は、戸建の建売、請負注文の施工管理を経て、「建売のアパート」の施工管理という社内でも新しいチャレンジをする部署にいます。これまでに建売や注文の現場で100棟以上の経験を積んできましたが、アパートは別物。万人から愛される必要性やプライバシーへの配慮など、戸建とは異なった部分へのアンテナを張る必要も多く、また一つ成長できている実感があります。

斎藤峻イメージ

関わる人すべてと
家づくりを楽しむ。

入社してたくさんの家づくりに携わり自信がついてきた一方で、上司を見ていると「自分はまだまだ」と思い知らされる場面も多々あります。例えば職人さんに指示を出す時。その上司は電話からでも的確に指示を伝えることができるんです。情報を伝えるだけでなく、相手のモチベーションも高めるコミュニケーション力には圧倒されます。すべては信頼関係があってこそ。私は今、新入社員に指導する役割も任されていますので、そういった技術以外のこともきちんと伝えていくように心掛けています。これからの目標は、施工管理としてもう一段成長することですね。憧れの先輩に早く追いつけるように一つ一つの現場を大切にしていきたいです。

斎藤峻イメージ
斎藤峻イメージ

人を知る

pagetop

新卒採用の方

下記、いずれかの就職サイトよりご応募ください。

中途採用の方

下記より募集要項を確認の上、ご希望の職種にご応募ください。

現在募集中の職種一覧